2018年10月4日木曜日

山口治子理事長が「東京都教育功労者」として表彰されました

平成30年10月1日(月)の都民の日に、東京都庁にて、「平成30年度東京都名誉都民顕彰式及び東京都功労者表彰式」が行われ、「教育功労者」として、本校の山口治子理事長が表彰されました。

功績内容として、「創造性と起業家精神を育む新時代の中高教育の構築」、「実社会で通用する英語教育の実現」、「ICT化による新時代の中高教育の構築」が認められたことによる表彰です。

本校では、平成28年度から全生徒1人1台タブレットを持っての全授業、全教育活動のICT化が行われ、授業の効率化により発表や議論、実験や実習の時間を増やすことが可能となり、より充実した教育が可能になりました。

また、平成27年度から中1〜高2までの必修科目として、学校独自設置科目「創造性教育」を実施し、平成28年度からは高校2年全員で「事業化実習」として、グループでの模擬企業の出資設立、デザイン思考を駆使したオリジナル商品の企画製作、文化祭での販売を行い、さらにハワイ諸島修学旅行では、ハワイ大学でチャリティーバザーを行います。国際貢献事業や企業の一連のプロセスを学ぶことで、創造性と起業家精神に満ちた優秀な卒業生を送り出し始めています。

英語教育では、6人の英語ネイティブ教員を採用し、日本人英語教員6人とチームとなって実践的な英語教育の開発を行える体制としました。ネイティブ教員の中には、英語科の特別免許状を取得し、英会話以外の英語の授業を担当する教員もおり、日常的に英語を使う授業と学校環境を構築しました。希望者には、米国姉妹校での語学研修、正規留学に加え、平成30年からはカナダでの語学研修を開始しています。

本校の教育を受けた多くの女性が、世界の中で日本を代表する女性となり、活躍貢献することを期待しています。